受験勉強

受験勉強って本当に大変ですよね。多くの人が経験するのは高校受験と大学受験でしょう。特に大学受験は今も昔も変わらず、年明けすぐの風物詩になっています。さらに今も昔も変わらないのが受験勉強の大変さです。学問に王道なしとはよく言ったもので、やはり努力のみがその道を切り拓く術ですね。

しかしその道のりをほんの少しだけ平たんにする方法はあります。それは効率的な受験勉強の方法を身につけることです。どんなに努力をしてもそれが空回りでは結果がついてきません。結果を出す努力をするために、受験勉強のノウハウを身につけましょう。どうしても判らないという場合は予備校や塾・通信教育を使うのも手段のひとつです。

予備校や通信教育は受験勉強のプロ中のプロです。大学受験に関してありとあらゆる情報や手段を握っています。得意教科は落とさぬよう、苦手教科は伸ばすようなカリキュラムを組んで受験勉強をレールに乗せてくれるでしょう。上質な家庭教師にお願いするという手もあります。直前まで受験生だった家庭教師なら、受験期の悩みも親身に聞いてくれるかもしれませんね。

またあまりお金をかけることができないという方は、高校の先生をフルに活用しましょう。苦手教科の教師ほどとっつきにくいものですが、こちらが真摯にお願いすれば理解しやすいように手ほどきしてくれるはずです。さらに受験勉強のノウハウを掲載したブログも、サイト上でたくさん見つけることができます。あとはやる気と体力勝負です。大切な日に風邪などひかないよう、体調管理も受験勉強のひとつと心がけてくださいね。

受験生の宿

受験生の皆さん、受験のためのホテルはもう予約しましたか。よい条件の安いホテルはあっという間にいっぱいになってしまいます。受験する大学が決まったら、できるだけ早く受験生の宿を予約するように心がけましょう。といっても、高校生にとってホテル予約は初体験という方も多いですよね。

そんな時は、ネット検索が役立ちます。Yahooトラベルや楽天トラベルなど、みなさんお馴染のサイトから旅行情報がすぐに手に入ります。さらにこの時期は受験生の宿が特集されていることがほとんどですので、受験生の宿や受験用ホテルというワードで検索すればたくさん出てきます。

でもまずは志望大学に行くにはどの路線のどの電車に乗れば良いのかを調べましょう。学部によって校舎が異なりますので、要注意です。志望大学の近所にあるホテルが見つかれば一番ですが、そうでない場合はアクセスが判りやすいホテルを探します。またホテルによっては受験生の宿プランとして、有名大学やターミナル駅へのバス送迎を行っているところもあります。

他に受験生の宿として人気が高いサービスとしては、勉強用の電気スタンドを貸してくれるところや受験生のみレストランを安く利用できるところなどもあります。申し込めばリッチなお弁当を頼める宿もありますし、大浴場がついている旅館なら疲れも癒せますよね。受験を成功させるためには良い受験生の宿を選ぶことも大切です。また電車の乗り換えなど不安がある場合は、前日にホテルから大学まで実際に行ってみることがおススメですよ。

医学部受験

医学部入学を狙っている学生のみなさん、全国の大学医学部の情報はもうリサーチ済みですか。医学部といえば理系の最高峰です。医学部を狙うには、最低でも大手予備校各社の模試で偏差値65以上は必要だと言われています。私立でも上位の大学や国立大学の医学部受験ならさらに上の成績が必要となります。そんな医学部受験を目指すには、早くからの準備が必要になります。では具体的にはどうすればよいのでしょうか。

まずは医学部受験に特化した予備校をリサーチしましょう。全国には医学部受験のための予備校がたくさんあることをご存知でしょうか。クレストやメルリックス学院・メディカルラボ・東京医進学院など、名だたる予備校がたくさんあります。マンツーマンでの指導を行っている予備校や、個人カリキュラムを組んでくれるところなどいろいろあります。

予備校によってさまざまな特色があるので、予備校のサイトや見学会などを参考に自分に合ったところを選びましょう。またZ会のenaや進研ゼミの国公立医学部合格プランなど、通信教育サービスの医学部受験専門コースもあります。こちらなら地方に住んでいて近所に良い医学部専門予備校が無いという方でも、全国レベルの勉強を進めていくことが可能になりますね。

医学を志す時期には、実は遅い早いは関係ありません。実際私の友人で、理系大学の大学院修士2年で医師になる決意をした女性がいます。彼女は1年間かけて医学部受験の準備をして見事合格し、この春8年間の苦労を実らせて医師として働き始めました。医学部受験に最も必要なのは熱意だということかもしれません。人の命を預かる職に就くのだという使命感を忘れずに、最初の難関である医学部受験に臨んでくださいね。

受験とお菓子

最近は受験シーズンの定番アイテムとして、お菓子が定着していることをご存知ですか。受験生は朝から晩まで勉強に追われて、心も身体も疲れがたまりますよね。また受験生をもつ親御さんはとても気苦労が多いですよね。そんなお疲れのみなさんの心をホッと和ませる、受験シーズン限定の願掛けお菓子が人気なのです。

皮切りになったのはネスレの人気お菓子キットカットです。キットカットという名前と受験にきっと勝つという言葉の語呂合わせで、受験のお守りとして使われるようになったのが2002年のことです。翌年には60パーセントも売り上げが伸びたということで、他社も注目しました。最近ではキットサクラサクよというフレーズと桜のパッケージがお馴染になり、郵便局とのコラボも実現しました。

キットカットの成功で、受験生応援お菓子が続々登場しました。例えばカールはウカール、ハイレモンはハイレルレモンという商品を発売しています。ロッテのトッポはトッパという名前で、受験生を応援しています。このネーミングだけでも、ピリピリしがちな日常にクスッと笑いをもたらしてくれますよね。

ストレスがたまると口寂しくなるのは人間の性です。特に頭脳を使うと甘いものが欲しくなります。そんな時に親が合格祈願お菓子をそっとおやつに用意してくれたら、受験生たちもホロリとしますよね。受験シーズン限定の合格祈願お菓子で疲れをいやして、つらい受験勉強や試験を乗り越えてくださいね。

小学校受験

小学校受験を目指す家庭は、少子化が進む中でも減少することがありません。学級崩壊や学力低下など、教育の現場における問題が取り沙汰される世の中では無理の無いことと言えます。では小学校受験を目指すには何が必要なのでしょうか。

小学校受験ではペーパー試験と行動観察、そして親が合否の鍵を握っています。ペーパー試験の結果が物を言う中学受験以降の受験とは異なり、お受験には親や家庭が大きく関係しているということです。特に行動観察や親子面接は、小学校受験の大きなポイントと言えるでしょう。

まず学校側が観察するのは親の在りようです。一般常識が備わっているか、礼儀正しいかなどは基本中の基本ですね。特に最近はモンスターペアレントが社会問題になっていることもあり、常識的で礼儀正しい親の子であるということは絶対条件のひとつになっています。また志望校をしっかり調べて教育理念を正しく理解していること、子供を冷静によく観察していることなどもポイントになります。

もちろん子供たちの準備も必要です。小学校受験のために受験に特化した幼稚園を選んだり、幼児教室に通わせることも必要になります。しかしその前に家庭での教育が最も重要です。親子のコミュニケーションをとり、感性豊かで礼儀正しい子に育てるためには長い時間が必要です。つまり小学校受験は0歳から始まっていると言っても過言ではないのです。漢字や英語を教える前に、感謝の言葉や基本的な生活習慣を身につけることを大切に子供を育てていきたいものですね。